2013年02月05日

あたらしいEP

この間のペネムズ会議で、
あたらしいEPを作ろうということが決定しました。

「えっ、アルバムを作っているんじゃなかったんですか?
そう言ってたじゃないですか!」
というあなたは、そうですね、ただしい。

それはそれでただしいけれど、
そのあいだにもう一枚くらいEPを作ってもよかろうということですな。

悪くないアイデアでしょう。

具体的な収録曲はひみつですけど、
今回のEPもまちがいなく、
長くて、言いずらくて、覚えにくい、
そんなタイトルになるということだけは予告しておきます。


いつのまにかそんなシバリができたわけでもないですけど、
そんなバンドになりつつありますね。

最近あたたかくなりつつあるとみせかけーの、
水曜は雪〜のなので、
いやになっちゃいますよね〜。
みなさん気をつけてください。
いろいろなことに。

では〜。



(こんな写真がでてきた。左側の余白がじつに侘しくていいじゃないか。)
IMG_0588.jpg


(ノ口)


posted by ペンネンネンネンネン・ネネムズ at 00:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

東京の夜はネオンサインでいっぱいだから独りで歩いていてもなんか楽しい

ひさびさに「フィーガロフィガロトフィガロット」を聞いてる。
ミックスでほんとうに何百回も聞いてきたので音源が完成する頃には
正直じゃっかんの嗚咽をともなうくらいなのでした。


event_ep.jpg


でも発売してからもうすぐ3ヶ月が経過しようとしているので
さすがに「フィーガロフィガロトフィガロット」を当初よりは客観的に聞けるようになってきた。
ひさびさに聞いてみて思ったのは、おれなかなか良いミックスしてるなあ〜ということ。
得意の自画自賛なんだけど、少なくとも自分がそう思えるというのは救いだ。
がんばってよかった。つらかったです安西先生。


特に「真夜中の虹」って曲のミックスはドラムの録り音があまりよくなくて音の厚みを出すのにけっこう苦労した。アウトロのフルートと飽和感が気に入ってます。


逆に「ときどきすけすけ」のミックスはすんなりいった。やっぱ録り音がよかった。
この曲は一発で録ったんだけど、そのせいなのかやはりノリがよく出てるし熱さみたいなものがちゃんと入魂できたと思う。
サビにエレクトロシンセみたいなものを足すっていう神ノ口くんのアイディアもよかった。これで色が出た。
でもこの曲はもっとかっちょよくできると思っているのでアレンジをガンガン変えていきたい。


「赤い街」。この曲はアレンジにいちばん苦労した。
なんかよくわかんないけど、とにかくいつもやっている感じにならなくて、
神ノ口くんがしきりに音が足りないって言ってた。
そんで神ノ口くんちまで行ってふたりで鈴とかハンドクラップとかコーラスを足したらすごく良くなった。
この曲はコーラスが特に際立ってると思う。
おれが考えたイントロ、Aメロ、サビのハモリのコーラスを入れた時点でコーラスはこれで十分だなと思った。
でも神ノ口くん的にまだ足りないと思ったらしくその場でなにやらひとりで考えだして、
結果的にサビのりんしょうみたいなコーラスが加わってさらに広がりが出た。
この曲もライブ用にアレンジを変えたいなーと思っているところ。


「サタデーナイトラブ」に関しては神ノ口くんにミックスしてもらった。
急遽このEPに入れることになって時間がない中での作業だったんだけどよいミックスですね。
スタジオでやってる感じが案外そのまま再現できたなーと思うので満足してる。
でも実は、ドラムに足したい音があったりして個人的にはまた別バージョンを録りたいなーなんて思っている。


ミックスなんて初めての作業で知識ゼロだったのでわけもわからずシコシコやるしかなかったけど、結果的にやってみたら結構できたのでやってよかったっすねー。
Ajysytzアリッシーの助言はかなり参考にしました。アリッシーありがとう!!

思えばミックスもジャケットもWEBもフライヤーも動画編集もその他もろもろおれと神ノ口くんとで知識ゼロから始めてるからえらいよなー。
自分がやりたいことだからえらいもくそもないんだけど。
もっと他のメンバーにもできることを増やしてもらいたいなあああああああああああ(遠い目)。


ともあれ「フィーガロフィガロトフィガロット」という4曲入りEPはとっても良い内容だと思うのでほんとうにみんなに聞いてもらいたいんでごわすね。

ネットでも買えるんだよ。diskunionは今見たら「在庫取寄せ」ってなってたけどJETSETでも買えますぜお。
もう持ってる人にはどうだったか感想とか聞きたいなあー。
ところでさー、EPEP言ってるけどEPってなに??


はうあ!長々書いてきたけど唐突に飽きてきた!寝る!!!
クリスマスにアップした”そらちゃんのテーマ”をどうぞ!!!おやすみ!!!





(PNNNNNSxふじい)

posted by ペンネンネンネンネン・ネネムズ at 04:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

時をかける熟女

ういういういーこんばんみー。


先日のブログでぼくが勝手に言ったペンネンネンネンネン・ネネムズの略称なんですが、
早速アンケートを作りましたよ〜。

みなさんの清き一票をこちらからぜひお願いします〜。
ちなみにこないだ「ペネムズ」という略称について悔しい!とか言っちゃいましたが、
ぜんぜん「ペネムズ」って呼んでもらってけっこうですからね〜。
呼ばれるだけでベースの林カレーくんが小躍りしますので。

ちなみにぱそこんからこのブログをご覧になっている方は、
左側のカレンダーの下からでも投票できますんでしくよろです。
もし選択肢の中にお気に入りがなければ追加することもできますよ〜。
ぼくの今のお気に入りは、追加された「ネネム兄さん」ってやつです!!笑


では本日はこのへんで〜。
今日のYouTubeは最近見た映画の中でもトップに入るくらいおもろかった「時をかける少女」のオープニングです。
オープニングがこれまたなかなかよいのです。
原田知世はそりゃかわいいんですが、若かりし岸部一徳も必見です!!





おやすみ〜。




(pnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnnsxxxfujii)



posted by ペンネンネンネンネン・ネネムズ at 00:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

ペンネンネンネンネン・ネネムズを呼んでくれ

こんばんは。

ペンネンネンネンネン・ネネムズという無駄に長いバンド名で各方面にご迷惑をおかけしているぼくたちですが、これまでいろいろな略称で呼ばれてきました。

しかし最近、その略称もこれに定着しつつあります。



「ペネムズ」



・・・



なんかくやしい!!
うまいこと短くしときましたんで感がくやしい!!
なんかうまく包まれちゃっとるやんけえええ!!きょええええ!!!


みなさん、もっと好き勝手に呼んでください。呼びたくなくても呼んでください。一日一回。
「ネン」の回数なんぞテキトーでよいです、だいたいで無問題です。

他には、「ネネムズ」「ペンペン」「ペンネム」「ペンネン」「ペ」などの略称がありましたね。
「ネネムズ」はオーソドックスだからまあいいとして、他のテキトーな感じはなかなかよいですね。
特に「ペンペン」とか「ペ」あたりはいかにも呼ぶのめんどくさいって感じで、
なおかつキュートなところがおすすめです。


うむう、これアンケートとりたいなあー。
興味ある人がぜんぜんいないのは承知の助ですが、
他にも斬新な略称など募集したいし、みなさんどんな風に略したいのか気になるところです。
よし、そのうちアンケート作るぞー。



はい、ということでペンネンネンネンネン・ネネムズ、2012年のライブはすべて終了しました。
今年はですね、ぜんぶで8本やりました〜。
ぼくらにしてはけっこうやった方じゃないですかね、他のバンドと比べたらぜんぜん少ないけど。
音源も作ったなあー。個人的には音源作るのがいちばん大変でした。
でも良いものができたので満足しております。早くアルバム完成させたい。

それから年内最後のライブで新曲やれたのはなんかよかったんじゃないかなーと思います。
とにかく皆々様々ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。来年もがんばりまーす。


今晩はCaetano Velosoさんのステキな歌でしめます。
あーなんかたくさん書いちゃったな。ばいちゃー。






(PNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNSxxFujii)




posted by ペンネンネンネンネン・ネネムズ at 00:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

青い春

初期衝動ってものは本当に言葉にできないバカでかいエネルギーを放つものだと思うよあたしゃ。

わけもわからずどきどきわくわくするものだよ。

やってる方も見てる方もだよ。

でも初期衝動というものは必ずいつかは絶えるものだよ。

しかしながら衝動というきらきら自体はいつまでもまとっていられるものだと思うよ。

『行くあては ない
 行くあてがないから 行くんだよ』

なんていうかっこいいセリフもあるけれど、
動き続けているものは常にそのきらきらを手に入れている。

行き先は関係なく、動き続けているということが大切だ。

昨日そんなことを思い出したのであった。

明日のペンネンネンネンネン・ネネムズは新しいきらきらを一曲やるよ。

でも懐かしいやつも一曲やるよ。

ちなみにこれはいつもやってるやつだよ。




2012.12.16(sun)
@下北沢Daisy Bar
カナタトクラス presents「余暇は宇宙で」Vol.2
「クウシュの夢」全国リリースパーティー
 
開場18:00 / 開演18:30
前売2,000円 / 当日2,500円(1drink)
 
●出演
 カナタトクラス
 ハラフロムヘル
 Hana to Yume
 ペンネンネンネンネン・ネネムズ
 
●DJ
 DJ マイケルムーア
 (a.k.a.社長 from radioDTM)



来てねー。



(PNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNNSのふじい)



posted by ペンネンネンネンネン・ネネムズ at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

LCMDF

どうも。
たぶん次で2012年のライブが最後です。
新曲をやります。うわさではラップをやるとかやらないとか・・・。

「Le Corps Mince de Francoise」というフィンランドのエレクトロポップグループがいます。
彼女たちの曲はかなりポップなんだけどラップっぽい感じをけっこう多く含んだりしてて、
こういう感じのラップかっちょいいなーって思うんですけど、ぼくにはぜってームリです。



まーそんなわけで来てくださいー。

2012.12.16(sun)
@下北沢Daisy Bar
カナタトクラス presents「余暇は宇宙で」Vol.2
「クウシュの夢」全国リリースパーティー
 
開場18:00 / 開演18:30
前売2,000円 / 当日2,500円(1drink)
 
●出演
 カナタトクラス
 ハラフロムヘル
 Hana to Yume
 ペンネンネンネンネン・ネネムズ
 
●DJ
 DJ マイケルムーア
 (a.k.a.社長 from radioDTM)



(PNNNNNSふじい)

posted by ペンネンネンネンネン・ネネムズ at 00:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

十字式健康法

ぼくの友人がこの気功法によって肩の痛みを癒したそうです。
やってみてええええ。笑いをこらえるのが大変そう。




(PNNNNNS藤井)


posted by ペンネンネンネンネン・ネネムズ at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

フォーエバー・ペヤング

おれの体は体力で動いているが
おれ自身はおれが動かしてるから体力とかまじちょー関係ねえ


みたいな人ってたまにいませんか?


何かモノゴトをやるかどうかの判断基準として、
自分の残りのHPと相談したり
それによってどれくらい自分のHPを消費しそうかってことを考える人って
疲弊している現代日本人には少なくないと思うんですが、
冒頭で言ったような人はあんまそういうこと考えないみたいです。


ぼくの大好きな映画監督アキ・カウリスマキの最新作「ル・アーヴルの靴みがき」で
カフカの短編を朗読するシーンがあります。だいたいこんな感じで。

「いいかい、あそこには眠らない連中がいるんだ」
「なんで眠らないの?」
「あいつらは疲れないんだよ」
「どうして?」
「ばかだからさ」
「じゃあ、ばかは疲れないってこと?」
「ばかが疲れてたまるもんか!」

このやりとりついてどう解釈すべきなのかぼくは知らないのですが、
疲れないってことはすげえことだと思うので単純に「ばか」ってすげえなと思います。

例えグチグチ言いながらでも疲れずに
「おしゃーばっちこーい!次こいやー!おらおらクソがあ〜!!」みたいな人って魅力的です。
むしろ不平不満をこぼさずに黙々と作業する人ってすごいしマネできないんだけど、
ぼくはあまり信用できません。
前の職場にそういうデキる先輩がいましたが、なんとなく苦手でした。
(ぼくがめちゃくちゃグチグチ言うタイプなので完全にそっち側の味方です。)


それからたぶんなんですが、「疲れない」ってことが「若い」ってことなんだと思います。
それは身体的な意味ではなくて、心の話です。

The Rolling Stones、Joe Strummer、Bob Dylan、忌野清志郎、甲本ヒロト、真島昌利。
ロックンローラーがじじいになってもロックンロールなのは、
「疲れない若い心」を持っているからです。
いつまで経ってもロックンロールにあこがれてるからです。
彼らこそフォーエバーヤングってやつなんです。


ぼくもフォーエバーヤングになりたいっす。
そういうフォーエバーペヤングなやつが最近ぼくの近くに頻繁に現れるので
かっちょいいなーと思ってちょいと熱く書いてみました。


やってやんよ!!


(pEnnEnnEnnEnnEn nEnEmS フォーエバー・フジイ・ニール・ヤング)



posted by ペンネンネンネンネン・ネネムズ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。