2014年02月06日

ときどき思い出す

中学生の頃か高校生の頃か、
家でよくRCサクセションの歌をうたっていてその日も

「金が〜
  欲しくて〜
  働いて〜
  ねむ〜るだけ〜」

なんつって歌ってたら、
母親に「そうじゃない人もいるのよ」
と言われたことがあって、
むむむ?となにやらすごく不思議な気持ちになったのちに、
自分が歌詞の言葉上の意味というものに興味がない、
もしくは意味がないと捉えていることに気が付いたのでした。

今もそれは変わらずで、
ときどきこのことを思い出します。

image.jpg

(たけしの方のボーカルふじい)


posted by ペンネンネンネンネン・ネネムズ at 01:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする